「サトウキビとストロー」ヒストリー

「サトウキビとストロー」ヒストリー

サトウキビからできるポリエチレン!

ポリエチレンはプラスティックの中では最も広く利用されている材料です。ゴミ袋や食品包装用のフィルム、シャンプーや洗剤などのボトル容器、清涼飲料等のキャップ、紙おむつや野菜入れネットなどの繊維他自動車関連では燃料タンク、エアダクト等にも利用されその量は、オールジャパンで約300万トン。今や生活必需品です。
しかし原料が石油や天然ガスなど有限資源。
この為、その資源の枯渇や使用後のゴミ処理焼却に伴う二酸化炭素が発生することにより地球温暖化が心配されています。
当社は、枯渇の心配がなく、さらに二酸化炭素を増やさない、「サトウキビ」を原料にしたポリエチレンストローを昨年度開発し、この度日本初の商品化に成功!
新発売いたします。(商品名エコロー)

グリーン環境、グリーンJAPAN!

「エコロー」のお問い合わせは下記迄どうぞご連絡下さい。

ゼンエルディーンインターナショナル 合同会社
〒450−0003愛知県名古屋市中村区名駅南3丁目3−21BIANCASA水主町2F
TEL:052−485−4301
FAX:052−485−4302

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *